なかまで介護

デイサービスセンター癒しの森 堀切 2019.05.23

地域・医療・介護 かつしかFMから繋げる地域包括ケア!
「なかまで介護」リポーターの、おくたともこ です ▽・エ・▽
現場からみなさんの元気な声をお届けします!

5月23日(木)放送「なかまで介護」第2回キラキラリポートは…
『デイサービスセンター癒しの森 堀切』に行ってきました!

「堀切中学校」または「四つ木中学校」のバス停からはどちらも10分ほど、綾南小学校のすぐ近く、緑色の文字が目印です。
「癒しの森 堀切」には、介護スタッフさんのほかに、看護師さんや機能訓練士さんがいて、明るく丁寧に対応されています。

 

さっそく、機能訓練士の津田ひろみさんにインタビュー。

お仕事の内容を教えてください
「1日28人から30人通われていて、全体体操をしたり、サイクルマシンを使った足の運動の補助、天気のいい日にはお散歩して歩行訓練したりします。なるべく個別に対応できる時間を作ってリハビリをしていきたいですね。」

やりがいを感じるのはどんなときですか?
「体の調子がよくなったり、結果が出るとやはり嬉しくなります。みなさん人生の大先輩なので、昔の仕事の話とか戦争の話とかいろいろ聞けるのも楽しいです。」

この日の全体の機能訓練は、言葉とジェスチャーを組み合わせながら腕や体を動かすゲーム感覚の運動。
津田さんの和やかな雰囲気と笑顔が印象的でした。

 

阿部とし子さんにもお話を伺いました。

このお仕事に就いたきっかけは?
「ヘルパー2級の資格を取っているときにいろいろな介護の現場をみて、デイサービスがいちばん、利用者さんと接することができて楽しそうと思ったからです。」

主なお仕事とやりがいを教えてください
「入浴補助や壁紙作りも担当しています。みなさんと作るのは楽しいですし、大変喜ばれています。お花見や買い物など一緒に外出する機会があるのですが、そのたびにみなさんの笑顔に癒されて、この仕事をやっててよかった、もっと頑張ろうと思います。」

スタッフも利用者さんもとっても仲がいい、と阿部さん。私にもしっかり伝わりました。

 

おやつタイムに利用者さんにも聞いてみました!

こちらに通われていかがですか?
「みなさんと一緒にいるのは楽しいですよ。元気になります。」と話すのは亀井笑子さん(93歳)。
年齢を聞いて驚きました。令和を迎え4つの時代を過ごされている亀井さんはそのお名前のとおり、インタビュー中もずっとニコニコ素敵な笑顔でした。

お肌つやつやでお元気そうですね
「苦労ないから(笑)そういう気持ちでいるよ。ここは食事がほんとに美味しい。この場で作っているから味付けもいい。カラオケ大会も楽しいし、ゲームやるのも楽しみだね。何度もチャンピオンとってるんだよ。」と鈴木芳政さん(82歳)。カラオケは「涙をふいて」がお気に入りとのこと。ぜひ聞いてみたかったです。

 

※この日の午後レクリエーションは「音楽療法」。講師の先生の演奏で一緒に歌います。
唱歌や歌謡曲などなつかしい曲が続き、みなさんいつのまにか笑顔に。
フォークソングの「ジェンカ」が流れ、スタッフがチームに分かれて対抗して踊り始めると大盛り上がり。

おいしいお食事、多彩なレクリエーション、楽しく明るく仲の良いスタッフなど、まさに憩いと癒しのオアシスです。
玄関の金魚にも癒される『癒しの森 堀切』でした。


◇デイサービスセンター癒しの森 堀切

http://www.iyashi-m.jp/dayservice/horikiri1.html
ご相談や見学など随時受付中。ぜひお問い合わせください。