上平井中学校 地域防災ボランティア部 2019.06.21

6月21日(金)防災ママ~ともこんが行く

毎月第三金曜日は、葛飾区で子育て中のママレポーター山岸朋子が防災に関する情報を全力でお届けします!

今回は新小岩にある上平井中学校の地域防災ボランティア部の皆さんにお話を伺いました!
全国的にも非常に珍しい「地域防災ボランティア部」
もともとは理科部だったそうですが、地元地域との交流を目的に地域防災ボランティア部が誕生したそうです。
現在は1年生~3年生、9人で活動しています。

基本的な活動は毎月1回全校生徒向けに発行している防災新聞の記事づくりや学校外での活動だそうです。
新聞づくりは毎月一つのテーマに絞り、各自それぞれ担当の記事を作成。
それを最後部長さんがまとめているそうです。
今回入部したばかりの1年生が初めて記事づくりに奮闘していましたが、2人で協力して素敵な記事を作っていました。
こうして各自で情報を調べ、記事を作っていくことで知識の向上にもつながっていきますね。

また学校外でも精力的に活動しています。
地元のNPO法人が主催している防災について話し合いをしている輪中会議に参加し、
防災を通して地域の方々と交流をしています。
また、防災知識の向上を目的に区役所の方々に話を聞いたり、街歩きをして日々活動をしています。
そしてボランティアとして商店街のガムはがしをしたり、児童館などにも出向いたりしているそうです。
とても皆さん積極的に地域との交流や防災に関する活動をしています!

またこれからは新聞づくりの他、学校での学芸発表会に向けた資料の作成もしているそうです。
毎年全校生徒に向けて防災クイズも行っているそうで、とても盛り上がるとか!
普段防災に関わる機会が少ない生徒の皆さんも、クイズを通して少しでも防災に関しての興味を持ってくれたら嬉しいなと思いました。

中学生の皆さんが積極的に防災に関する知識を学んで発信をし、またボランティア活動も活発に行っており、
私自身も見習いたいと思いました。
これからもぜひ頑張って下さい!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。