リポーター BLOG

リアル謎解きゲームin寅さん記念館

リアル謎解きゲーム in 寅さん記念館 2020.08.31


リポーターのおくたともこです。

私が気になる葛飾区内のイベントや場所におじゃまして、このブログをご覧の方だけにその魅力をお届けします!

今回は…「リアル謎解きゲーム in 寅さん記念館」をご紹介。実際に体験してきました!

昨夏に初開催された人気イベント「リアル謎解きゲーム」第2弾のテーマは、「スパイ試験中止?試験官を救い出せ!」。
柴又にある観光スポット「寅さん記念館」「山田洋次ミュージアム」「山本亭」を舞台に、以下の設定で展開されています。
◆ストーリー◆

スパイの最終試験を受けるために指定の場所へ行ったところ、試験官の1人が謎の組織によって連れ去られたようだ。
試験が中止にならないよう、試験官を探し出して連れ戻せ!

寅さん記念館入り口
葛飾柴又寅さん記念館©松竹(株)
寅さん記念館)ジオラマ
葛飾柴又寅さん記念館©松竹(株)
寅さん記念館)館内
葛飾柴又寅さん記念館©松竹(株)

まずは寅さん記念館の入り口で、謎解きキットを1,200円(各施設の入館料込み、中学生以下は1,000円)で購入、そこからストーリーを読みながら謎解きをスタートします。昨年4月にリニューアルされた寅さん記念館には、映画『男はつらいよ』に関する様々な趣向を凝らした展示はもちろん、実際の撮影で使われたセットや「くるまや」の模型、柴又帝釈天参道のジオラマ、懐かしの駅舎や歴代マドンナが次々と映し出されるコーナーなどがあり、寅さんのいる昭和の世界へタイムスリップできます。寅さんと並んで記念撮影ができるのも嬉しいですね。この日は土曜日ということもあって、親子で挑戦する姿も多くみられました。
すべて解けたら、隣りの山田洋次ミュージアムへ。

山田洋次ミュージアム外観
山田洋次ミュージアム©松竹(株)
山田洋次ミュージアム館内
山田洋次ミュージアム©松竹(株)

昨年4月に移設拡大リニューアルした山田洋次ミュージアムは、フィルムにこだわる山田洋次監督の映画の世界観が広がり、14のテーマでその想いにふれることができます。懐かしい映画館の雰囲気で山田洋次監督の全作品の予告編が流れる「柴又キネマ」のコーナーなど、じっくり楽しみたいですね。ここでの謎解きは1問だけですが、これが(私にとっては)かなりの難問で、なかなか動くことができませんでした。

中庭の子どもたち 中庭

そもそも謎解きが苦手ということもあって、どちらの施設でもかなり苦戦しましたが、周囲の手助け(困った時はスタッフさんに聞きましょう!)のおかげで何とかクリア。続いて、全ロケ地を焼き付けタイルで地図化した吹き抜けの中庭「こころのふるさとマップ」で2問に挑み(ここは割とスムーズでした)、ついにラストステージへ突入です。

山本亭外観 山本亭お庭

初めて訪れた山本亭は、大正末期に建てられた和洋折衷の建築物が特徴的で、葛飾区の有形登録文化財に指定されています。書院造りの和室からは、池の最も遠い部分に滝を配して奥行きを持たせた庭の景観を堪能できます。山本亭は見学だけでなく、様々なイベントの開催や喫茶もあるので、ゆっくりと訪れたいですね。この季節は、「クッキー付きの冷やし抹茶」がお勧めです。
謎解きは割と順調でしたが、最後の問題は観察力と応用力が必要になるかも知れません。

TORAsancafe 観光文化センターの井上さん

謎がすべて解けたら、これまでの答えを数字の枠に入れてキーワードを導き出します。そして、出てきた2文字を「TORAsan cafe」のスタッフに伝えて、ミッション終了。引き換えに解説書と合格証をゲットしました。物語の結末は…なるほどそういうことだったのか!
さらに楽しみたい方には、お家で遊べるエクストラステージの追加キット(300円)もあるそうです。

約1時間半の謎解きにお付き合いくださった観光文化センターの井上さん、ありがとうございました。
各施設をじっくり巡ることもできて、とっても楽しかったです。

9月6日(日)まで開催されていますので、自信のある方はチャレンジあれ!

 

◇リアル謎解きゲームin寅さん記念館(外部サイト)
https://nazoxnazo.com/torasan2/
◇葛飾柴又寅さん記念館・山田洋次ミュージアム(外部サイト)
http://www.city.katsushika.lg.jp/institution/1000094/1006820.html
◇山本亭(外部サイト)
http://www.city.katsushika.lg.jp/institution/1000094/1006823.html

Apr

May

Jun

Jul

Oct

Nov

Dec

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。